女の人

社員一人一人の能力を伸ばす社員教育|スキルを磨いて効率アップ

専門家に相談する

オフィス

事業所内保育の現在の取り組みやトレンド

日本では国を挙げて、女性の社会進出の支援取り組みが行われています。オフィスや医療機関の中に託児所を設ける事業所が増えており、子供を預けて働くことができるようになっています。事業所内保育を導入することによって、妊娠や出産をした女性社員も、継続して働けるようになっています。そのため、優秀な女性社員の退職を防止することに、大きく貢献しています。事業所内保育施設の導入は、経営者にとっては、大きなコスト負担になります。国や自治体は、事業所内保育施設の運営コストを抑えるための取り組みを行っています。国や地方自治体は、事業所内に保育施設を設置する事業者に対し、助成金や補助金の支給を行っています。助成金や補助金によって、事業所内保育所の導入コストを、大きく削減することができます。

事業所内の保育施設の専門家について

事業所内保育所を導入するためには、行政への申請手続きや、運営のノウハウなどが必要になります。事業所内保育に関することは、事業所内保育のコンサルタントに相談すると、導入や運営の支援が受けられます。事業所内保育のコンサルタントは、事業所内保育所の設計から運営までの、全てのコンサルティングを行っています。保育士の募集などもしてくれますので、ノウハウがなくても、事業所内に保育所や託児所を設置することができます。事業所内の保育所や託児所では、保育士が幼児の身の回りの世話をします。保育士は国家資格であり、幼児保育の専門家です。保育士は遊びを通じて、幼児に社会性を養わせます。保育士に子供を見てもらうことによって、子供に社会のルールを学ばせることができます。